Mailman によるメーリングリスト構築

私が主催しているサークルでメーリングリストを作成することにしました。

無料で使えるメーリングリストありますが、勉強のために、自前でやることにします。

Mailman を自宅サーバーで稼働させることにしました。自宅サーバーは CentOS 5.7 と Postfix が稼働していますので、CentOS のリポジトリからインストールできる Mainman 2.1.9 を利用します。

1. mailman のインストール

mailman をリポジトリからインストールします。

# yum install mailman

2. mailman.conf の編集

mailman.conf が作成されていますので、mailman.conf 末尾の RedirectMatch の青字部分を自分のドメイン名に変更します。

# cd /etc/httpd/conf.d/
# vi mailman.conf
--- mailman.conf ---
...(省略)...
# Uncomment the following line, replacing www.example.com with your server's
# name, to redirect queries to /mailman to the listinfo page (recommended).
RedirectMatch ^/mailman[/]*$ http://www.xxx.com/mailman/listinfo
------------------

※ //www.xxx.com: を自分のドメイン名に修正

3. サイト パスワード設定

mailman サイトの管理用のパスワードを設定します。

# /usr/lib/mailman/bin/mmsitepass password

4. mailman 設定ファイルの編集

mailman の言語設定を日本語にするとともに、URLとメールのホストを指定します。
/usr/lib/mailman/Mailman/mm_cfg.py の末尾に青字部分を追記します。

# cd /usr/lib/mailman
# vi Mailman/mm_cfg.py
--- mm_cfg.py ---
...(省略)...

DEFAULT_SERVER_LANGUAGE = 'ja'
DEFAULT_URL_HOST = 'www.xxx.com'
DEFAULT_EMAIL_HOST = 'mail.xxx.com'
add_virtualhost(DEFAULT_URL_HOST, DEFAULT_EMAIL_HOST)

------------------

5. アップデートの確認

アップデートを実行して更新を確認します。
※Poderosa などで、Windows から SSH アクセスしている場合は、「エンコーディング」を utf-8 から euc-jp に変更します。

# cd /usr/lib/mailman
# bin/update
更新の必要はありません.

6. mailman サイトリストの作成

mailman サイト リストを作成します。

# cd /usr/lib/mailman
# bin/newlist mailman
リスト管理者のメールアドレスを入力してください: foo@xxx.com
foo の初期パスワード:
メーリングリストの作成を完了するには, /etc/aliases (または同等のファイル) に, 以下の行を追加してください.
また, `newaliases' コマンドの実行が必要でしょう.
## foo mailing list
foo: "|/usr/lib/mailman/mail/mailman post foo"
foo-admin: "|/usr/lib/mailman/mail/mailman admin foo"
foo-bounces: "|/usr/lib/mailman/mail/mailman bounces foo"
foo-confirm: "|/usr/lib/mailman/mail/mailman confirm foo"
foo-join: "|/usr/lib/mailman/mail/mailman join foo"
foo-leave: "|/usr/lib/mailman/mail/mailman leave foo"
foo-owner: "|/usr/lib/mailman/mail/mailman owner foo"
foo-request: "|/usr/lib/mailman/mail/mailman request foo"
foo-subscribe: "|/usr/lib/mailman/mail/mailman subscribe foo"
foo-unsubscribe: "|/usr/lib/mailman/mail/mailman unsubscribe foo"
Enter を押して foo の管理者にメール通知する...

7. エイリアスの編集

/etc/aliases の末尾に上記のリストを追記します。

# vi /etc/aliases
--- /etc/aliases ---
...(省略)...

## foo mailing list
foo: "|/usr/lib/mailman/mail/mailman post foo"
foo-admin: "|/usr/lib/mailman/mail/mailman admin foo"
foo-bounces: "|/usr/lib/mailman/mail/mailman bounces foo"
foo-confirm: "|/usr/lib/mailman/mail/mailman confirm foo"
foo-join: "|/usr/lib/mailman/mail/mailman join foo"
foo-leave: "|/usr/lib/mailman/mail/mailman leave foo"
foo-owner: "|/usr/lib/mailman/mail/mailman owner foo"
foo-request: "|/usr/lib/mailman/mail/mailman request foo"
foo-subscribe: "|/usr/lib/mailman/mail/mailman subscribe foo"
foo-unsubscribe: "|/usr/lib/mailman/mail/mailman unsubscribe foo"

------------------

次に、newaliases コマンドを実行します。

# newaliases

8. httpd 再起動

httpd を再起動します。

# /sbin/service httpd restart

9. mailman の起動

最後に、mailman のランレベルを設定して、起動します。

# /sbin/chkconfig mailman on
# /sbin/service mailman start
mailman を起動中:

以上です。

参考サイト:
http://minhtech.com/featuredlinux/install-and-configure-mailman/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です