Visual Studio Community 2013 と Subversion でソース管理

Visual Studio には Source Control というソース管理を行うための拡張機能があります。これに対応しているフリー(*1) で使えるソース管理プラグインに VisualSVN というのがあります。

このプラグインで Visual Studio 統合開発環境(IDE) から Subversion を使用してソース管理が行えます。

(注 *1 : Community License に該当すれば free です。詳しくは VISUAL SVN//Licensing をご覧ください。)

 

Subversion サーバーの準備

ソース管理リポジトリは Subversion サーバーを準備する必要があるので、 Visual SourceSafe ほどお手軽ではないんですが、一度サーバーを用意すれば手間はかかりません。

Subversion サーバーのインストール作業はこちらをご覧ください。

※また、必要に応じて SSL や ベーシック認証で保護してください。

 

TortoiseSVN (Windows Subversion クライアント) の準備

TortoiseSVN クライアントをダウンロード:https://www.visualsvn.com/visualsvn/download/tortoisesvn/

  1. [Download Now] ボタンをクリック
  2. TortoiseSVN-1.8.9.26117-win32-svn-1.8.11.msi を保存して実行

(※お使いの Windows のよって 32ビット版か64ビット版のどちらかを選んでダウンロードします。)

 

VisualSVNプラグインの準備

VisualSVNプラグインは次のサイトからダウンロードします: https://www.visualsvn.com/visualsvn/

  1. [Download VisualSVN now and start using it for free] ボタンをクリック
  2. [Download Now] ボタンをクリック
  3. VisualSVN-4.0.11.msi を保存して実行

 

Visual Studio Community 2013 統合開発環境 (IDE) の準備

VisualSVN をインストールしたら Visual Studio のソース管理プラグインを VisualSVN に設定します:

  1. Visual Studio Community 2013 を起動
  2. [ツール]-[オプション] メニューを選択
  3. [オプション]ダイアログ左側パネルから [ソース管理]->[プラグイン選択] を選択
  4. [現在のソース管理プラグイン] を選択して一覧から [VisualSVN]を選択
  5. [OK]をクリック

Visual Studio Community 2013 のメニューに [VISUAL SVN] というメニューが表示されます。

 

これでソース意管理の準備ができました。

次回は簡単な使い方をご紹介します。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください