Access(32ビット版)とWindows 7 (64ビット版)上のODBCデータソース

Access が32ビット版でWindows が64ビット版の時、「コントロール パネル\システムとセキュリティ\管理ツール」の「データソース(ODBC)」からデータソースを作成するとき、「Microsoft Access Driver(*mdb)」他、「Microsoft Excel Driver (‘.xls)」など Microsoft Office (32ビット版)関連のドライバーが表示されず、Access mdb へアクセスするためのデータソースが作成できません。

これを回避するには、32ビット版のODBCアドミニストレータでデータソースを作成する必要があります。32ビット版のODBCアドミニストレータは以下のコマンドで起動できます。

%windir%\SysWOW64\odbcad32.exe

原因は、以下のマイクロソフトのKBに詳しく書かれています。。。

「64 ビット版の Windows で、ODBC アドミニストレーター ツールが 32 ビットと 64 ビット両方のユーザー DSN を表示する」
https://support.microsoft.com/ja-jp/kb/942976

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください