ReactOS: オープンソース Windows 互換OS

ReactOS というオープンソースの Windows 互換OS は、Windows NT アーキテクチャをベースで、Windows NT のバイナリ完全互換を目指しているという。 現在はまだアルファ版で日本語は扱えないようですが楽しみです。

さっそくVMWare で試してみました。

ReactOS 起動画面

1

ReactOS デスクトップ

2

ReactOS スタートメニュー

Windows 2000 のような操作感です。
3

ReactOS コマンドプロンプト

基本的なコマンドは使えるようです。 “net use” コマンドは “This command is not implemented yet” でした。
4

ReactOS アクセサリ

ワードパッド、メモ帳、ペイント、ソリティアなど。。
7

ReactOS ブルースクリーン

アルファー版ですしね。 😉
6

次回は、いくつかアプリを試してみます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください