python で database クラスを作ってみる (Part 1)

python で Webクローラーをつくっているとどうしてもデータベースを参照、登録、更新が必要になります。MySQLにアクセスする方法少し楽して行えるように簡単なラッパークラスを作ってみたいと思います。

まずは、環境構築から。OS は CentOS7 です。データベースは mariadb をインストール済みです。
python は標準でインストールされている場合もありますが、念のため。

1. python 関連のインストール

# yum install python
# yum install python-devel
# yum install epel-release
# yum install python-pip
# yum install libxslt-devel libxml2-devel
# pip install beautifulsoup4
# pip install lxml

※ beautifulsoup4 はデータベースには必要はないですが、Webページを解析するのに必要なのでインストールしておきます。

2. MySql 関連のモジュールをインストール

# yum install gcc
# yum install mysql-devel
# pip install MySQL-python

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください