2. Asteriskのビルドとインストール

ソースコード (Source Tarball) の入手と展開

DAHDi Linux / DAHDi Tools のダウンロード 従来、Zaptel として提供されていたハードウェア デバイス インターフェースです。
通話会議で必要になります。

# wget http://downloads.asterisk.org/pub/telephony/dahdi-linux-complete/releases/dahdi-linux-complete-2.5.0.1+2.5.0.1.tar.gz

Asterisk 本体のソースを下記サイトからダウンロードします。

# wget http://downloads.asterisk.org/pub/telephony/asterisk/releases/asterisk-1.4.42.tar.gz

Asterisk Add-Ons のダウンロード Asterisk Add-Ons は Asterisk 本体収容されなかったアドオンなどです。
呼の記録を MySQLへ格納する場合などに必要となります。

# wget http://downloads.asterisk.org/pub/telephony/asterisk/releases/asterisk-addons-1.4.13.tar.gz

Source Tarballの展開

取得したSource Tarball を/usr/srcにコピーまたは移動します。

# cp *.tar.gz /usr/local/src

Source Tarball を展開します。

# cd /usr/local/src
# tar zxvf asterisk-1.4.42.tar.gz
# tar zxvf dahdi-linux-complete-2.5.0.1+2.5.0.1.tar.gz

アドオンのソースはとりあえず必要ないので展開はいりません。が、一応書いておきます。

# tar zxvf asterisk-addons-1.4.13.tar.gz

展開したソースのビルド

最初に、DAHDi Linux / DAHDi Tools のビルドします。
展開したソースのディレクトリへ移動して、make コマンドを3つ実行します。

# cd dahdi-linux-complete-2.5.0.1+2.5.0.1
# make all
# make install
# make config

次に、Asterisk 本体のビルドします。

# cd asterisk-1.4.42
# ./configure

正常終了すると、アスタリスクのロゴが表示されます。

次に、make menuselect を実行してインストールするモジュールを確認します。今は、デフォルトのままにしておきます。

# make menuselect

次に、Make を実行してビルドします。

# make

正常終了すると、以下のメッセージが表示されます。

+--------- Asterisk Build Complete ---------+
+ Asterisk has successfully been built, and +
+ can be installed by running:              +
+                                           +
+ make install                              +
+-------------------------------------------+

次に、make install を実行してインストールします。

# make install

正常終了すると、以下のメッセージが表示されます。

+---- Asterisk Installation Complete -------+
+                                           +
+ YOU MUST READ THE SECURITY DOCUMENT       +
+                                           +
+ Asterisk has successfully been installed. +
+ If you would like to install the sample   +
+ configuration files (overwriting any      +
+ existing config files), run:              +
+                                           +
+ make samples                              +
+                                           +
+------------------ or ---------------------+
+                                           +
+ You can go ahead and install the asterisk +
+ program documentation now or later run:   +
+                                           +
+ make progdocs                             +
+                                           +
+ **Note** This requires that you have      +
+ doxygen installed on your local system    +
+-------------------------------------------+

次に、make samples を実行してサンプルの構成ファイルを生成しておきます。

# make samples

最後に、make config でOS起動時にAsteriskも起動できるようにします。

# make config

これで、Asterisk のビルドとインストールは完了です。