3. Asterisk の実行

ここで、一度、Asterisk を起動して正常起動できるかを確認してみます。

Asterisk 起動と終了

Asterisk を開始します。

# service asterisk start

or

# /etc/init.d/asterisk start

以下のメッセージが表示されれば、OKです。

Starting asterisk:                                         [  OK  ]

そして、Asterisk を終了します。

# service asterisk stop

or

# /etc/init.d/asterisk stop

同じく、以下のメッセージが表示されれば問題ありません。

Stopping safe_asterisk:                                [  OK  ]
Shutting down asterisk:                                [  OK  ]

Asterisk コンソールへ接続

Asterisk を起動したら、コンソール接続をして、様子をみてみましょう。

# /usr/sbin/asterisk -r

Asterisk 1.4.42, Copyright (C) 1999 - 2010 Digium, Inc. and others.Created by Mark Spencer <markster@digium.com>
Asterisk comes with ABSOLUTELY NO WARRANTY; type 'core show warranty' for details.
This is free software, with components licensed under the GNU General Public
License version 2 and other licenses; you are welcome to redistribute it under
certain conditions. Type 'core show license' for details.
=========================================================================
Connected to Asterisk 1.4.42 currently running on localhost (pid = 2769)
Verbosity is at least 3

localhost*CLI>

上記のように localhost*CLI> というプロンプト表示がされれば、問題ありません。
コンソールでは、Asterisk へコマンドの実行することで、状態をしらべることができます。

試しに、sip show peers というコマンドを実行してみてください。

localhost*CLI> sip show peers
Name/username              Host            Dyn Nat ACL Port     Status       0 sip peers [Monitored: 0 online, 0 offline Unmonitored: 0 online, 0 offline]
localhost*CLI>

すると、0 sip peers と表示されて、SIP デバイスがなにも接続されているないことがわかります。

ポートの設定

Asterisk は、SIPと通話のために、UDP の 5060 と 10000~20000 のポートを使用するようにデフォルトでは設定されています。

CentOS のファイアウォール設定を変更して、上記のポートを開けておきます。

 

 

 

 

 

 

 

次は、SIPの設定を追加してデバイスを追加します。