Microsoft ファイル チェックサム整合性検証ユーティリティ

ファイルをダウンロードして使用する際にチェックサムをチェックする習慣をつけるべく Windows 7 でチェックサムの算出できるツールを入手しました。

MSIV ユーティリティのダウンロード(英語):
https://www.microsoft.com/en-us/download/confirmation.aspx?id=11533

MSIV ユーティリティの説明:
https://support.microsoft.com/ja-jp/kb/841290

Windows NT System and Kernel がポート80を使用している?

Windows Server 2012 にXAMPP をインストールして Apache と MySQL を使用したかったのですが、Apache が起動できなかった。
[Apache] Problem detected!
[Apache] Port 80 in use by “Unable to open process” with PID 4!
[Apache] Apache WILL NOT start without the configured ports free!
[Apache] You need to uninstall/disable/reconfigure the blocking application
[Apache] or reconfigure Apache and the Control Panel to listen on a different port

PID 4がポート80を使用しているということなので、タスク マネージャで調べてみると PID 4 は NT System & Kernel でした。

しかし、IISもインストールしていなし、このプロセスを止めるわけにはいかなそう。

サービス一覧をみてIIS関連のサービスや他の起動中サービスを眺めていたところ “SQL Server Reporting Services” が気にかかり、ためしに停止したらポート80が未使用になりました。

ReactOS: オープンソース Windows 互換OS

ReactOS というオープンソースの Windows 互換OS は、Windows NT アーキテクチャをベースで、Windows NT のバイナリ完全互換を目指しているという。 現在はまだアルファ版で日本語は扱えないようですが楽しみです。

さっそくVMWare で試してみました。

ReactOS 起動画面

1

ReactOS デスクトップ

2

ReactOS スタートメニュー

Windows 2000 のような操作感です。
3

ReactOS コマンドプロンプト

基本的なコマンドは使えるようです。 “net use” コマンドは “This command is not implemented yet” でした。
4

ReactOS アクセサリ

ワードパッド、メモ帳、ペイント、ソリティアなど。。
7

ReactOS ブルースクリーン

アルファー版ですしね。 😉
6

次回は、いくつかアプリを試してみます。

Access(32ビット版)とWindows 7 (64ビット版)上のODBCデータソース

Access が32ビット版でWindows が64ビット版の時、「コントロール パネル\システムとセキュリティ\管理ツール」の「データソース(ODBC)」からデータソースを作成するとき、「Microsoft Access Driver(*mdb)」他、「Microsoft Excel Driver (‘.xls)」など Microsoft Office (32ビット版)関連のドライバーが表示されず、Access mdb へアクセスするためのデータソースが作成できません。

これを回避するには、32ビット版のODBCアドミニストレータでデータソースを作成する必要があります。32ビット版のODBCアドミニストレータは以下のコマンドで起動できます。

%windir%\SysWOW64\odbcad32.exe

原因は、以下のマイクロソフトのKBに詳しく書かれています。。。

「64 ビット版の Windows で、ODBC アドミニストレーター ツールが 32 ビットと 64 ビット両方のユーザー DSN を表示する」
https://support.microsoft.com/ja-jp/kb/942976