CentOS6 にMariaDB をインストール

CentOS 6.9/MySQL5.1 で動いているシステムを CentOS6.9/MariaDB 10.2 での動作検証を行うため、VMware 上でゲストOSとしてCentOS6.9 用意、MySQL はインストールせず、MariaDB をリポジトリでインストールします。

1. MariaDB のリポジトリ生成
こちらのサイトから「Downloads Setting up MariaDB Repositories」から以下の3ステップでリポジトリの内容が生成されます。

1. Choose a Distro
  => CentOS
2. Choose a Release
  -> CentOS 6 (x86_64)
3. Choose a Version
  -> 10.2 [Stable]

# MariaDB 10.2 CentOS repository list - created 2017-09-18 08:06 UTC
# http://downloads.mariadb.org/mariadb/repositories/
[mariadb]
name = MariaDB
baseurl = http://yum.mariadb.org/10.2/centos6-amd64
gpgkey=https://yum.mariadb.org/RPM-GPG-KEY-MariaDB
gpgcheck=1

上記内容を /etc/yum.repos.d/MariaDB.repo というファイル名で保存します。

2. MariaDB のインストール
yum コマンドでインストール出来ます。

# yum install MariaDB-client MariaDB-server
# mysql -V
mysql Ver 15.1 Distrib 10.2.8-MariaDB, for Linux (x86_64) using readline 5.1

以上です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です