カテゴリー
Linux 雑記

SETI@home on Fedora 31

実は微力ながらも、SETI@homeに参加しています。まずは、Fedora Workstation 31 のPCにインストールしてみます。

[アクティビティ]から[ソフトウェア]をクリックして、[探す]タブを表示して「BOINC」と入力して検索すると「アプリケーションが見つかりません」となってしまいました。

別の方法を探します。

https://boinc.berkeley.edu/wiki/Installing_BOINC_on_Fedora

こちらの方法をやってみます。

termnal を開いて、以下のコマンドで root に成ります。

$ sudo su

そして、boinc をインストールします。

# yum install boinc-client boinc-manager

インストールが完了したら、boinc-client.service を開始します。

# systemctl start boinc-client.service

そして、コンピュータ起動時 boinc-client を自動起動するように設定します。

# systemctl enable boinc-client.service

次に、[アクティビティ]ー[アプリケーションを表示する]をクリックすると、アプリケーションの一覧に BOINC-Manager のアイコンがあるのでクリックします。

クリックしてしばらくするとBOINC Manager が表示されます。しばらくすると何かエラーが表示されますが、[表示]ー[詳細表示] メニューで、詳細表示に切り替えます。

そして、アカウントの設定をします。

[ファイル]ー[コンピュータの選択]メニューを選択し、[計算機名(ホスト名)] に localhost、[パスワード]に /var/lib/boinc/gui_rpc_auth.cfg の内容を入力します。

このファイルを見るには、以下のコマンドを実行します。

$ sudo less /var/lib/boinc/gui_rpc_auth.cfg

コンピュータの選択が完了すると、プロジェクトの選択するウィンドウが表示されます。[プロジェクト] 一覧から SETI@home を選択します。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください