Ubuntu 10.04 LTSをUSBからインストール

少し古いノートPC  (Panasonic Let’s Note CF-W5) に Ubuntu 12.04 LTS をインストールしたのですが、ちょっと遅いので、以前インストールしたことのある Ubuntu 10.04 にインストールし直しました。

インストールCDイメージ(.iso) をダウンロードして、USBメモリからインストールしました。

詳細 (英語) :https://www.ubuntu.com/download/help/create-a-usb-stick-on-windows

準備

  1. 2GB以上のUSBメモリを用意します。
  2. PCにUSBメモリを差してドライブとして認識させます。
  3. Universal USB インストーラをダウンロードします。
  4. Ubuntu 10.04.4 LTS Desktop の iso イメージをダウンロードします。

ステップ1: Universal-USB-Installer の実行

ダウンロードしたインストーラ (例: Universal-USB-Installer-1.8.9.8.exe) をクリックして実行します。ライセンス同意のダイアログがでますので、内容を読んで同意します。 [I Agree] ボタンをクリックします。

Universal_USB_Installer_1.8.7.0_Setup1

ステップ2: Linux ディストリビューションの選択

「Step 1: Select a Linux Distribution from the dropdown to put on your USB」 というドロップダウンからUSBメモリに入れる Linux ディストリビューションを選択します。

ここでは Ubuntu 10.04.X を選択。

Universal_USB_Installer_1.8.7.0_Setup2

ステップ3: Linux の iso イメージの選択

「Step 2: PENDING: Brows to your ubuntu-10.04*desktop*.iso」というラベルのテキストボックスに準備しておいた ubuntu-10.04.04-desktop.iso のパスを指定するか「Browse」で選択します。

 

ステップ4: USBメモリのドライブの指定

「Step 3: Select your USB Flash Drive Letter Only」というラベルの下にあるコンボボックスから USB メモリのドライブを選択します。

ここでは、”E:” です。USB メモリをフォーマットする場合は、「Format E: Drive (Erase Content)」チェックボックスをクリックしておきます。

ステップ5: USB メモリへの書き込みに同意

「Create」ボタンをクリックします。

「Universal USB Installer is Ready to perform the following actions.」というダイアログが表示されたら、「はい(Y)」ボタンをクリックして実行します。

Universal_USB_Installer_1.8.7.0_Setup3

イメージを展開する進捗が表示されますので、このまま待ちます。

Universal_USB_Installer_1.8.7.0_Setup4

USBメモリにイメージの書き込みが終了すると 「Installation Done, Process is Complete!」が表示されますので、 「Close」 ボタンをクリックして終了します。

 

これで、このUSBメモリはブート可能になりました。

インストールする PC にこの USB メモリを差して、USBからブートさせると Ubuntu 10.04 LTS のインストールが始まります。

ディスカッションに参加

2件のコメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください