カテゴリー
Asterisk IP-PBX

BaresipをUbuntuで使用する(その2)

前回は Ubuntu に Baresip を入れてアカウント設定までしました。

通話をするためにはオーディオの入出力が出来なければなりません。私の Ubuntu 10.04 には ALSA オーディオドライバーが入っていますので、それを使用するようにします。

もう1点、動作確認していて気づきました。Baresip は ALSA をサポートしますが、ビルド時に ALSA のヘッダーファイル等が入っていないと ALSA 用のオーディオ ドライバー モジュールをビルドしてくれません。そこで libasound2-dev パッケージをインストールしてから、Baresip をビルドする必要がありました。

$ sudo apt-get install libasound2-dev

この後に、前回の手順で Baresip をビルドしてインストールしてください。

1. .baresip/config の修正

ホームディレクトリに移動して、.baresip/config ファイルを開き、ALSA オーディオ ドライバー モジュールを使用するように構成を変えます。

$ vi .baresip/config
# Audio driver Modules
#module oss.so
module alsa.so
#module portaudio.so
#module gst.so

上記のように oss.so の行頭に # を挿入してコメントアウトして、alsa.so の行頭の # を取り除きます。 修正ができたら保存します。

2. alsamixer でオーディオの確認

使用するPCによってはマイク入力がミュートされている場合がありますので、alsamixer で確認しておきます。

$ alsamixer

「録音」が 0 になっていないことを確認してください。

3. 通話

これで通話ができる状態になりました。しかし、通話するには相手の電話機か、もしくはもう1台PCがなければなりません。

用意するのが面倒なので、Asterisk が持っている「エコーテスト」という機能で音声がとおるか確認しましょう。

ということで、次回へ続く。。

「BaresipをUbuntuで使用する(その2)」への1件の返信

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください