ProjectLibreでプロジェクト管理(操作編)

最近の私のプロジェクト管理には、OpenProj の後継の ProjectLibre を使っています。ユーザーインターフェースが刷新され無償で使用できる機能も増え本当に重宝しています。UIは英語ですが、それほど苦にはならないと思います。

現バージョンでは、OpenProj と同様に日本語化が完全でないというところもあって、日本の祝日や標準的な勤務時間(例:9:00 出社、18:00 退社)がデフォルトでないため、そこは設定をデフォルトから変更する必要があります。

ProjectLibre の入手

まずは、インストーラをダウンロードします。ProjectLibre サイトから “Download Now!” をクリックすると、SourceForge のリンクへ案内されるので、ここから “ProjectLibre-1.5.2.msi” (2012-12-18 時点で最新のもの)をクリックしてダウンロードします。

ダウンロードが完了したら、”ProjectLibre-1.5.2.msi” ファイルを起動してセットアップをします。

まずはプロジェクト作成

ProjectLibre を立ち上げて新規プロジェクトを作成します。

プロジェクト名を「プロジェクトA」などと入力して空のプロジェクトが作成します。

この状態ですと定義済みの “Standard” ワークタイムが適用されて 作業開始時間が 8:00 で、終了時刻が16:00 となってしまいますので、これを 9:00 – 18:00 で1日の作業時間を 8:00 に変更し、また、祝日を作業日として扱われないように変更したいと思います。

ワークタイムの変更

デフォルト ワークタイムを変更するにはメニュー「File」タブ-「Project」グループ-「Calendar」 を選択して 「Change Working Calendar」で行います。

まず、祝日の設定をしてみます。

Change_Working_Calendar

右側のカレンダーの

 「12月 2012」 の 24, 31
 「1月 2013」  の  1,  2,  3, 4, 14
 「2月 2013」  の 11
 「3月 2013」  の 20

をクリックして「Non-working time」 オプションを選択します。すると、日付の数字が赤字、背景が灰色に変わります。(※ 日付は CTRLキーを押しながらクリックすると複数日が選択できます。)

次に、作業時間を 9:00 – 18:00 に設定します。

Change_Working_Calendar2

作業日を選択したら「Non-default working time」オプションボタンを選択して「From:」と 「To:」に昼休み 12:00-13:00 を除いた時刻を入力します。すると、日付の数字が赤字、背景が白色に変わります。

次に、1日の作業時間を 8.0 時間に設定します。

「Options…」ボタンをクリックして「Duration Settings」 ダイアログを表示します。

Change_Working_Calendar3

「Hours per day」 が 8 になっているのを確認します。「OK」ボタンをクリックします。続いて、「OK」ボタンをクリックして 「Change Working Calendar」 ダイアログを終了します。

最後に、「File」タブ-「Project」グループ-「Projects Dialog」 選択してプロジェクト情報を表示して、 「Start」 の時刻が 8:00 からとなっているのを 9:00 からに修正します。

入力したら、「x」 をクリックして、「Projects」 ウィンドウを終了します。

これでワークタイムの変更は完了です。

作業項目の入力

作業項目を入力して簡単な工程表を作ってみます。
「タスク」タブ-「Views」グループ-「Gantt」 を選択します。
「Name」 列をクリックすると文字を入力できるので、”プロジェクトA” , “タスク1”, “タスク2” と項目を入力しました。自動的に9:00-18:00、「Duration」 に 「1 day?」が挿入されます。

タスク2をタスク1との連結作業にします。
タスク1とタスク2の行を選択して、「Task」タブ-「Task」グループ-「Link」 をクリックします。
作業の連結を設定すると、タスク2の作業日と開始時刻、終了時刻が設定が、タスク1後の作業日・時刻で再計算されます。

タスク1とタスク2をインデントしてプロジェクトAに従属する作業とします。
タスク1とタスク2の行を選択して、「Task」タブ-「Task」グループ-「Indent」 をクリックします。

タスク1の 「Duration」 に 「0.5」  (日) 、タスク2に 「1.5」 と見積もり作業時間を入力すると、自動的に開始日時、終了日時が再計算されてゆきます。

印刷プレビュー

作業項目を入力が完了したら印刷プレビューで表示してみます。
「File」タブ-「Print」グループ-「Preview」 を選択します。


右上 「Printers」 にプリンター一覧(コンボボックス)がありますので、印刷するプリンターを選択します。
「Diagrams」 に印刷対象の 「作業項目表 (Spreadsheet)」 と 「工程表 (Gantt)」 を選択します。
また、「Scaling」 で縮小・拡大印刷もできます。

PDF 印刷

OpenProj では無償で提供されていなかった PDF 印刷機能も無償で提供されています。 しかし、残念ながら、この機能は日本語対応ができていません。作業項目名などに日本語が含まれていると、何も印刷されていませんでした。

ProjectAPDF

PDF への出力は BullZip など仮想プリンターがインストールしてあれば、プリンター一覧から選べますので、代用できます。

3 Replies to “ProjectLibreでプロジェクト管理(操作編)”

  1. こんにちは。PDF印刷ですが、レイアウト設定機能はあるかご存知でしょうか?

    1. 返信遅くなり申し訳ありません。
      レイアウト設定機能とはどのような機能をさしていらっしゃるかわかりませんが、印刷の余白、縮小率などは印刷プレビューであります。それをプリンターへ出力かPDFファイルへ出力となります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください